いちやの健康と人間関係でこころが定年退職する前に

あなたは定年後の人生の青写真は持っていますか。人生は後半戦が勝負だ!

ヒューマンデザインから自分の特性にあった行動の仕方を知る

ヒューマンデザインで自分取扱説明書の使い方を知る

 

こんにちは。
いちや です。

 

定年退職を意識しながら、
いろいろ考えているいちやが、
同じく定年退職が見えてきた
あなたへお届けします。

 

 

周りには様々な占術で鑑定する
方々がいらっしゃいます。

 

中には私の母親みたいな
年齢の方もいて(笑)、
ご自身の人生経験で語る方も
いらっしゃいますよね。

 

これが思わぬ的を射ていて
「まさにその通り」と腹落ちして
驚くことがあるそうです。

 

今回は、ヒューマンデザインという
宝の地図で、多くの占いからでは、
決して知ることの出来ない
自分自身の行動指針について
のお話しです。 

 

 

地図(設計書)であり自分の「取扱説明書」

 

いつも同じようなところで、
悩んでしまったり、
つまずいてしまう。


どうしてよいか分からないとき。

 

その「拠り所となるもの」が、
ヒューマンデザインの
「地図(設計図)」であり、
自分自身をどう扱えばよいのか
指し示してくれる「取扱説明書」
であることは以前の記事で、
書きました。

 

 

もちろん、
ヒューマンデザインから導かれたもの
それは、「地図(設計図)」であり、
「取扱説明書」。
様々な“個性”が刻まれて、
一人一人、異なります。

 

 

そして、
生まれたときに出来上がり、
完成されて変わることは無く、
変えることも出来ないのです。

 

鑑定が当たらないのは何故なのか?

 

生年月日や生まれた時間、
場所は正しいはずなのに、
いろいろ占ってもらったり、
観てもらったけど、
ピンとこない。

 

 

分かりやすい例として、
私たちの世代というより、
若い男女の方々に多い悩み。

 

 

・・・といえば、
そうです。
やはり恋愛についてでしょう。
よくこんな話を耳にします。

 

 

さまざまな鑑定では、
「1年後には大恋愛をして、
結婚することになるでしょう」
と、勇気づけられたのに。
3年も経過するけど、
ちっとも出会いがないと。

 

 

話を聞いていくと、
現実は仕事で忙しくて、
普段から家と会社の往復だ
というのです。

 

 

これでは、
本来は運命で出会うはずだった
そのチャンスを
自ら摘んでいますよね。
これではダメです。

 

鑑定結果が活かされていない

 

この事実に、
本人は案外、気付かないのです。
そして「あの鑑定はダメだった」
と責任転嫁で片付けてしまう。

 

 

これではせっかくの鑑定が
人生に生かされていない。
貴重な時間とお金をどぶに
棄てたようなもの。

 

 

当たってないのではなくて、
「自分がその鑑定結果を
活かせていないだけ」
ということなのです。

 

 

とはいうものの、
鑑定する側にも、
一つ大切なことが抜け落ちている
というのも事実です。

 

 

キャリアコンサルタントに
関わっている方であれば
お分かりでしょう。

 

鑑定者が言葉足らずだったこととは?

 

上の例ですと、
「2年後には大恋愛」という
「転機」がある。(と、仮定する)

 

 

そうです。
シュロスバーグという、
キャリア発達論の研究者が提唱した
「4S」点検です。

 

 

「2年後には大恋愛」という
「転機」を成功へと導き、
結婚というゴールを迎えるために、
確認というか点検をする。
というものです。

 

 

これはもう、
システマティックにです。

4S点検とは、

1、状況の点検(Situation) シチュエーション
2、自己の点検(Self) セルフ
3、周囲の支援の点検(Support) サポート
4、戦略の点検(Strateegies) ストラテジー

 

上の例でいくと、
1、状況把握
・1年後には大恋愛する
・何とかこの波に乗りたい
・仕事で忙しくて、普段から家と会社の往復である
2、自己理解
・交際に向けての心の準備は万全か。
3、周囲の支援
・仕事で忙しい状況を理解したうえで、
 的確にアドバイスしてくれる人がいるか。
4、戦略
・交際に向けての心の準備を進める
・「家と会社の往復の生活」を変える
 

前振りが長くなりましたが、
鑑定者が「抜け落ちていた」こと。

 

 

それは、鑑定の際に、
相談者のより良い未来が
実現するよう状況把握から、
戦略というか、行動指針を
明示できなかったことが問題
なのです。

 

自分の特性にあった行動の仕方を知る

 

ヒューマンデザインシステムなら
人生の節目である大きな決断で、
もっとも自分に合った戦略である
行動指針を知ることができるのです。

 

 

もちろん、知ることができても
それを行動に移せるかは、
「前に進もうとする気持ち」を
しっかりと持ち続けることが
大前提なのです。

 

 

コミュニケーション技法の中に、
「アサーション」という、
自分も相手も尊重しようとする
自己表現方法があります。

 

 

ヒューマンデザインでは、
さらに一歩踏み込んで、
自分の特性にあった行動の仕方
を示してくれるのです。

 


老若男女、小さな子供だって
有効なのです。

 

 

パートナーとの関係
子育て
職場の人間関係
セルフブランディング
etc

 

 

さまざまなシーンで、
生年月日と生まれた時間が分かれば、
チャートを作成して、
論理的に、システマティックに、
活用することができるのです。

 

 

ご興味のある方は、
リーディングを受けてみては
いかがでしょう。 

ヒューマンデザインジャパン
登録者一覧

 

 

登録者一覧には、
正規の資格保有者であり、
様々なスキルやノウハウを持った
方々がいらっしゃいます。

 

 

この人!と思う方へ連絡を取って
まずはお話を聞いてみるのが
良いかもしれませんね。
今のあなたに必要な人が、
きっと見つかります。
 

 

ヒューマンデザイン無しには
様々な鑑定を受けたとしても、
それは無駄になってしまう
かもしれません。

 

 

宝の地図や、
自分の取扱説明書
あなたは、
知りたくありませんか?

 

まとめヒューマンデザインが他の占術と最も異なる点の一つに、もっとも今の自分に合った戦略である行動指針を知ることができる。

 

お問い合わせ
お問合せはこちらから
ご質問いただければブログで積極的に取り上げます!
お問い合わせはこちら

 

併せて読みたいおすすめの記事

・新たな気付きを得ていく
⇒ヒューマンデザインという宝の地図の歩き方

・みんなとワイワイ楽しみながら自分分析
⇒ゲーム感覚のアセスメントツール(COLOR INSIDE YOURSELF)は自分を変容させる鍵

・睡眠の質を高めろ!
⇒ガーミン(Garmin)で睡眠の質を分析してストレス解消の糸口を探る