いちやの健康と人間関係でこころが定年退職する前に

あなたは定年後の人生の青写真は持っていますか。人生は後半戦が勝負だ!

喫煙は健康の証?ガンになりやすい体質とマナーが気になる理由とは

タバコのエピソード喫煙は健康の証なの?ガンになりやすい体質とは

 

こんにちは。
いちや です。

 


今日は、「タバコのエピソードで、
タバコは健康だから吸えるもの、
ガンになりやすい体質、なりにくい体質が
あること、マナーを守って欲しい理由」
についてお話しします。

 

 

 

健康だからタバコが美味しく吸える

 

もし、あなたが愛煙家だとしても、
気分を害さないでくださいね。
余計なお世話かもしれません。

 


私なりに考えてみると、
美味しくタバコが吸える
ということは、
「健康だからではないのか。」
と思うのです。

 


今が健康だからこそ、タバコが吸える。

 

あるときタバコが吸えなくなった

 

私も喫煙していた時期がありました。
30歳になる前だったと思います。

 

私の場合は、ある時を境にして、
身体が受けつけなくなりました。

 


残業続きがあって、
いつものように朝起きて、
歯磨きをしていたのですが、

 


その日は、体調が悪かっせいなのか、
口を開けて、手に歯ブラシを持ち、
奥歯のところまで移動させ、
上下左右と動かすだけで、
突然に何故か吐き気のようなもの
が起こってきた。

 


2日~3日そんな状況が続き、
いつもの風邪とは違うなと思い、
近所の内科へ受診することにしたのです。

 

実はタバコが合わなかった

 

医者は「タバコをやめてはどうか」と。
当り前のようにいうのです。

 

そんなことで、
「治るはずがないだろう」と。
そんな当り前のことで、直るのなら、
世の喫煙者の多くは、とうに
禁煙しているだろう。と思った。

 

とはいうものの、半信半疑な気持ちで、
試しに禁煙してみる。

 

確かに気持ち悪さは、改善された。
夜遅くまでという生活習慣は変わりません
でしたが。(笑)

 

禁煙すると不思議と状況が改善された。


で、また喫煙し始めると同じように、
朝の歯磨きで体調が悪くなる。


また、タバコを控えるようになると、
改善される・・・。

 

喫煙と禁煙・・・

 


そういったことを繰り返していくうちに、
やっぱり、タバコと言うのは、
「私の身体には合わない。」と、
確信のようなものを持ったわけです。

 

 

元来、タバコが体に受け付けられない
状態というか、
体質だったかもしれません。

 


人それぞれ自分自身にあう嗜好品
というものがあって、
「タバコを美味しく吸える人」が
いたり、
「コーヒーを美味しく飲める人」が
いたり、
全く受け付けない人もいて、

いろいろあって良いのでは
と思います。

 

なぜ、世界は禁煙へ向かうのか

 

タバコは身体に良くないと言われ、
禁煙が世界的に周知されつつある
ようですが、
理由がそれなりにあるのかなと。

 


タバコを生産し消費することで得る利益と、
タバコを吸うことで失う健康の損失を比較
したときに、
健康を害することによる損失が大きい。と、
分かっているから、世界的に禁煙の方向へ
進んでいくのだろうと。

 

 

遺伝子に傷がつきやすい体質とつきにくい体質?

 


ここからは私の推測になるのですが、
人には個人差があって、
タバコを吸っても全然平気な人がいる。

 

その一方で、
タバコを吸う、あるいはタバコの煙を
吸い込むことで、
長い時間をかけてその人の細胞の
遺伝子に少しずつ傷がついてしまうことが、
もしかしたらあるのかもしれません。

 


遺伝子に少しずつ傷がついていくことで、
ガンになりやすくなる人がいたり、
逆に若いときから喫煙し続けても、
その人の遺伝子はタバコでは影響をつけず、
傷がつかない強靱な体質と
いうこともあると思います。

 


どちらを優先するのか?
タバコの煙で、遺伝子に傷がつきやすい
体質の人がいて、そのことが、
科学的に証明されているのであれば、

 

私は、タバコの煙で遺伝子に
傷がつきやすい体質の人たちを
考慮すべきだと思うのです。

 


いわいる弱者を守るということ。
タバコの煙で遺伝子に傷がつきにくい
強靱な体質の人には納得がいかない
ことかもしれません。

 


人は共存共栄で生きていくのですから、
分煙ということで我慢していただく
必要があるのかもしれないですね。

 

マナーは守ってほしい

 

そして、何よりも、
マナーは守ってもらいたいですね。

 


私は、居酒屋でお酒を飲んでいるときは、
酔っ払っているということもあるし、
一日中一緒というわけではなく、
数時間で、しかもお店の換気が
しっかりしているので、意外と隣の席で
喫煙されても平気なのですが、

 


どうしても耐えられないのは、
スーツ姿のサラリーマンが、
屋外の喫煙エリアから仕事場へ戻るとき、
エレベーターへ乗り込み、私の隣に並んだ
ときの身体全体というか、
スーツから漂うタバコ臭です。

 

エレベーターは、密室で狭い空間です。
本人は気が付かないのかもしれません。
とくにエレベーターが混んでいるとき、
私にとっては隣から漂うタバコ臭は、
キツいです。

 


あの歯磨きでオエッとなってしまった
情景がフラシュバックするのです。

 


タバコ臭がある程度、消えてから、
エレベーターへ乗り込んでもらいたい
ですね。(笑)

 

 

まとめタバコは健康だから吸えるもの。人には生まれつき、ガンになりやすい体質、なりにくい体質があることを前提に喫煙マナーは守って欲しい。

 

 

お問い合わせ
お問合せはこちらから
ご質問いただければブログで積極的に取り上げます!
⇐お問い合わせはこちら

 

併せて読みたいおすすめの記事

・発がん性成分?子宮内膜がんリスク軽減?どっち
⇒コーヒーは体に良くないのか 

・下剤、漢方薬、健康茶の常用注意!大腸が黒くなる?
⇒きれいで健康的な大腸を保ちたい 

・今後胃ガンが急増する?その理由とは
⇒団塊世代 ピロリ菌による胃がんのリスクとは