いちやの健康と人間関係でこころが定年退職する前に

あなたは定年後の人生の青写真は持っていますか。人生は後半戦が勝負だ!

きれいで健康的な大腸を保ちたい

きれいで健康的な大腸を保ちたい

 

 

こんにちは。

いちやです。

 

 

5年ほど前に遡ります。

 


ひょんなことから、
大腸内視鏡検査を受けました。
もちろん生まれて初めて。

 

 

胃の内視鏡検査は、
受けたことがあります。

 

 

あなたは 、大腸の内視鏡検査を
受けたことありますか?

 

 

大腸の内視鏡検査の場合は、
検査前に腸の中をきれいにするため、
水の下剤を飲まなければならず、
これがなにげに辛いんです。

 

 

せめてもの救いは、
鎮静剤を利用しているため、
数十分ほど眠っている間に
検査が終わったこと。

 

 

検査が終わると医者から、
結果報告があった。

 

 

「ポリープができていたので切除した」と。
大きさは、4ミリほどの小さなものらしい。

 

 

「やはり、ポリープはあったのか」

 

 

事前にいろいろと調べていたので、
驚きはなかったですよ。

 

 

何しろ、
検査を受けた30%の人にポリープがあるし、
がん化する可能性のあるポリープを切除する
ことで、
約80%の大腸がんは予防ができると。

 

 

4~5ミリだと、5~7年かけて大きくなり、
場合によっては、がん化していくらしい。

 

 

と、ここまでは、
「小さなうちに切除してよかったね。」
なのですが・・・

 

 

医者から手放しでは決して喜べない、
お話があったのです。

 

 

大腸が全体的にちょっと黒っぽいですね。
今、すぐに病気になってしまうという
ものじゃないけどね。

 

 

とくに自覚症状もないし、
そのときは、気にならなかったけど、

何となくネットで調べてみると、
どうやら「大腸メラノーシス」のこと
だと分かったのです。

 

 

色素(メラニン)が沈殿する
という一種の“老化現象”で、
病気ではないという。

 

 

どこかで聞いたことのある
センナ、大黄、アロエなどに含まれる、
ある成分が悪さをするらしい。

 

 

結果的に大腸の機能を低下させてしまうのだ。

 

 

この成分というのは、
下剤や漢方薬、ティーパックになった健康茶
などに多く含まれている。

 

 

長期にわたり飲み続けていると、
大腸の粘膜が色素が沈殿して、
黒くなってしまうことがあるという。
(もちろん個人差はあると思いますが)

 

 

たしかに心当たりはある。

 

 

快便のため、良かれと思い、
上記の成分を含む健康茶を
サーモスの水筒に入れて、
毎日、欠かさず、
一日中飲んでいたことがありました!

 

 

私の場合は、
正直なところ、
老化なのか、どちらかは分らないですが。(笑)

 

 

後者であるならば、
色素沈着は下剤の服用をやめると、
6カ月~1年半くらいで消えていくそうですよ。

 

 

今はもう上記の成分を含む、
下剤、漢方薬、健康茶は飲まなくなりました。

 

 

久しぶりに検査をしてもらい、
状況を確かめてみようかと思います。

 

 

たまたま私の大腸は、
色素(メラニン)が沈殿しやすい体質をもっていた

のかもしれません。
ただし、こればかりは分かりません。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

きれいで健康的な大腸を保ちたいですよね!

 

 

センナ、大黄、アロエなどに含まれる、
下剤、漢方薬、健康茶は、常用せずに、
期間限定での利用が、いいのかもしれませんね。
あるいは、医師の判断を仰ぐとか。

 

 

そして、ありきたりですが、
食物繊維や、乳酸菌などを含む食事と、
適度な運動を心がけ、
日頃からストレスを溜めないことです。

 

 

心がけましょう!
私も自分にいいきかせています。
 
 
50歳を超えたあなた、
一度は大腸の内視鏡検査をお勧めします。

 

 

お問合せはこちらから
お問合せはこちらから
質問いただければ
ブログで積極的に取り上げます!