いちやの健康と人間関係でこころが定年退職する前に

あなたは定年後の人生の青写真は持っていますか。人生は後半戦が勝負だ!

親しい人同士でもタメ口じゃなく敬語やていねい語で会話する理由

親しい人同士でもタメ口じゃなく敬語やていねい語で会話するわけ

 

こんにちは。
いちや です。

 

定年退職を意識しながら、
いろいろ考えているいちやが、
同じく定年退職が見えてきた
あなたへお届けします。

 

 

なぜ親しい間柄なはずなのに、
ていねい語で会話してしまうのか。
学生のころは“タメ口”だったのに。

 

 

今日は、親しい人同士でも
ていねい語で会話してしまうのは、
“そこはかとない不安や恐れ”から
身を守るための機能が働いている

というお話です。

 

 

なぜか社会人になってからていねい語

 

なぜ、
ていねい語になるのか?

 

 

社会人になる前までは、
ていねい語を使う機会が
それほどなかったのは確か。

 

 

 

例えば、
誰もが家族や兄弟に対しては、
普通、“タメ口”でしょう。

 


一方で目上の人には、
“タメ口”のような、
いわゆるくだけた話し方は
しない。

 


これ、当然ですよね。

 

なのに、今ではごく当たり前に、
身近な、友人の間柄の人なのに、
ていねい語を使っている。

 

 

最近「何で敬語で会話するの?」と、
高校の同級生との会話を
そばで聞いていた人から、
不思議がられてしまった。

 

 

もう習慣になってしまったので、
気にとめなかった。

 

 

社会人になりたてのころは、
先輩たちから敬語の使い方というか
“社会人の心得”として指導された。
もちろん先輩たちは、
当たり前のことをしただけ。

 

 

会社の同僚は、
始めから、ざっくばらんだったのに、
何故か自分だけが、いつの間にやら、
話し言葉がていねい語になっていた。

 

 

会社の同僚同士でも、ていねい語。
タメ口になれずに、
「自分らしくないよな」と。

 

 

時々、たまに思い出したように、
ちょっと気が緩んで、
以前の自分に戻って、
タメ口になる。

 

 

そうすると、
「あれ?いつもていねい語なのに、
今日は違うね。」と返される。

 

 

ふと我に返って、
あっ、タメ口になっていた(笑)

 

 

別にタメ口でもいいのに、
反応している自分がいる。

そのまま、話し続ければいいのに。

 

 

そんな些細な出来事が積み重なり、
気が付いてみたら、
ていねい語が抜けずに
定着してしまった。

 

 不毛なこころのウイルス対策ソフト

 

人は、誰もが人との関わりの中で、
波風立てないようにするため、
穏便に済ませるために、
不毛なウイルス対策ソフトを
活用しているのかもしれない。

 

 

私の場合は、
無意識に防衛機制を働かせるため、
“ていねい語”という名の対応ソフトを
ダウンロードしてしまったようだ。

 

 

なぜダウンロードする必要があるのか?
それは、「自分を守る」ため。

 

 

何かの権威から
何かの利害関係から
何かの上下関係から、

出来るだけ距離をおきたいし、
巻き込まれたくない、
振り回されたくない、
とか。

 

 

でもこれでは、
何か警戒されていると、
相手に思わせるし、
距離間を感じさせてしまう。

 

 

結局、上手く立ち回れないから、
不器用なんだろうな。と、
思ったりもする。

 

 

なぜ、そんなに関わりたくないのか?
いったい何を防御したいのか。

 

 

それはきっと、
外から条件付けられたもの。
条件付けられた考え方。
条件付けられた常識。

 

 

例えば、
 「〜しなければならない」
 「~すべき」
の数々が、程度の差はあるにせよ、
自分自身を不自由にしている
ということ。

 

・物事は最後まで、
 やり抜かなければいけない。
・分かりやすく論理的に話すべき。
・人には思いやりをもって接するべき。

 

もう、数え切れないほどある。

 

なぜ、反応してしまうのか?
反応しなければいいのに。
そんなプレッシャーは、
聞き流せばいいのに。

 

 

でも、やっぱり反応してしまう。

 

 

それはきっと、
そこはかとない不安や恐れが
あるからなのだと思う。

 

 

そこはかとない不安や恐れから
逃れるため、
外からの条件付けられた思考に
無意識に従ってしまう。

 

ウイルス対策ソフト(ていねい語対応版)はいらない

 

さて、
この“ていねい語”という名の対応ソフト、
私には不要になってきた。

 

 

社会人になってから、
随分と年を重ねてきたし、
それなりに経験もしてきたし、
もう十分、対応ソフトの役割は
果たしてきた。
もう、いいでしょう。

 

 

そろそろ、
“ていねい語”対応ソフトは削除しないと。
少なくても「自分を守るため」に、
起動する必要などないから。

 

 

適切なタイミングで必要なときに、
“ていねい語”対応ソフトが起動するよう
修正できればいいのですが。

 

 

あるいは、ワクチンのように、
“そこはかとない不安や恐れ”を
消せるといいのですが。

 

 

さすがに、“ていねい語”対応ソフト
はそこまで優秀じゃないです。

 

 

使い続けるのならば、
外からの条件付けられた思考に

反応しないよう、
右から左へ
流していけるかですね。
いや、流していくのです
私には関係ありませんと(笑)

 

 

そして、
上司じゃなく、年下の部下ならば、
ていねい語なんてやめる。
スキを見せたっていい。
もう、皆が分かっているのだから。

 

 

あなたは、自分を守るための、
不毛なウイルス対策ソフトを
自分自身にダウンロード
していませんか?

 

 

 

まとめ今まで親しい間柄でもていねい語で会話してしまうのは「そこはかとない不安や恐れ」から身を守るため。年を重ねて、もう今は必要のない反応であり行動。

 

お問い合わせ
お問合せはこちらから
ご質問いただければブログで積極的に取り上げます!
⇐お問い合わせはこちら

 

併せて読みたいおすすめの記事

・賞味期限切れあなたは許せますか
⇒賞味期限切れが許せないのは恐れと不安の囚われからの自動思考

・男女が離島(南の島)で求めるものとは
⇒再び離島ブーム再来か南の島 宮古島が今熱いまなざし

・目力を取り戻せ!目の印象を強めお洒落に
⇒老人環とサークルレンズ