いちやの健康と人間関係でこころが定年退職する前に

あなたは定年後の人生の青写真は持っていますか。人生は後半戦が勝負だ!

写真家の岩合光昭さんをマイダンジョンカードで読み解く

写真展「ねこづくし」

 

こんにちは。
いちや です。

 

定年退職を意識しながら、
いろいろ考えているいちやが、
同じく定年退職が見えてきた
あなたへお届けします。

 

私たちに癒やしを届けてくれる
“猫の写真家”の岩合光昭さん。

でも、かつては世界中の秘境を渡り歩き、
野生動物を追い続けた先駆者。

 

マイダンジョンカードで読み解くと、
写真家としての才能だけではなく、
ビジネスで成功するという
必殺技も持っていて、
人気の理由の意外な一面を
知ったのです。

 

 

写真展「ねこづくし」

 

川崎市市民ミュージアムで、
写真展「ねこづくし」が開催中です。
(2019/04/23~2019/06/30)
先日、行ってきました。

 

 

日本各地で撮影された、
二百数十点にもおよぶ、
ネコたちの写真です。

 

 

「島の猫」「やきのの里のネコ」など
ある特定のテーマに沿った展示が
中心ですが、展示会場でもある
川崎市近郊の横浜、鎌倉、逗子、茅ヶ崎など、
身近な場所の作品も多数ありました。

 

 

猫が街に溶け込んでいる。
人と同じように、
自分たちの街であることを、
堂々と主張している。

 

 

表情や仕草であったり、
大胆な行動であったり、

 

 

それだけ、猫にとっても、
その街が、住みやすくて、
”心地いい”ということ。

 

 

猫が心地よい街は、
当然、人も心地よいし、
暮らしやすい。

 

 

私は作品を通して
そんな街をこれからも
変わらずに残り続けてほしい。
という思いを感じました。

 

野生動物を追い続けてきた先駆者

 

岩合光昭さんは、
初めて日本人の作品として
月刊誌『ナショナル ジオグラフィック』の
表紙に2度も掲載された動物写真家です。
(1986年5月号、1994年12月号)

 

 

月刊誌は世界中で36カ国語で発行され、
180か国以上で850万人が定期購読
しているワールドワイドな雑誌。

 

 

その表紙を飾るということは、
とても名誉なことなのです。

 

 

雑誌に掲載されるのさえ
応募作品で数万枚のうち、
一、二枚です。

 

 

岩合さんを知った方の中には、
「私たちに癒やしを届けてくれる
“猫の写真家”」と思われるかも
しれません。

 

 

でも実は過酷な環境下で、
世界中の秘境を渡り歩き、
野生動物を追い続けてきた先駆者
だったのです。

 

 

最近では、環境に配慮しながら、
人と猫とが共存共栄する街を
探し求めて世界中を巡り、
写真だけではなく、
動画でも発表されていますね。

 

 

そんな岩合光昭さんを
マイダンジョンカードで、
読み解いていきます。

 

マイダンジョンカードで読み解く

 

誕生時間が不明なため、
時間がズレても変わらない
必殺技とアイテムのみを抽出して、
読み解いていくことを
ご了承ください。

 

 

さて、私の岩合光昭さんに対する
イメージというは、
役割として先のイチローと同様に
原始生命力の反応という、
野性的感覚が研ぎ澄まされて、
やりたいこと、伝えたいこと、
をどんどん社会へシェアしていく
ことで世へ貢献される方なのかな。
と、思っていました。

 

 

ところが、マイダンジョンカードで
読み解いていくと、
興味深いことに気づきます。

岩合光昭さんマイダンジョンカー

 

マイダンジョンカードでは
その人の役割を4つのカテゴリに
分けています。

 

①原始生命力の反応
②社会(不特定多数)のため
③自分のため
④仲間のため

 

 

岩合さんは、
写真家といういわばアーティスト。
芸術家なわけです。
ということは、

 

①原始生命力の反応
③自分のため

 

 

それは、研ぎ澄まされた感性。
動物的感覚。
などなど・・・

 

 

これらに多くの必殺技やアイテムが
集まるのは容易に想像できます。

 

 

②社会(不特定多数)のため

 

このカテゴリについても、
岩合さんの想いや、
生み出された作品が、
より多くの方々へ認知されていく
ということを考えると、
ここに多くの必殺技やアイテムが
集まるのも理解できます。

 

 

ところが、


④仲間のため

このカテゴリに関しては、
どうでしょうか。

 

 

他の1~3のカテゴリと、
ちょっと違う。

 

 

「想いや作品をどう多くの人たちに伝えていくか。」
もちろん、大切です。

 

 

でも、同じぐらい、
もしかしたらそれ以上に、
「どう多くの人たちと関わっていくのか。」
ということにもにも注力しているのではないか、
と思い始めました。

 

 

岩合さんを取り巻く「仲間」。

 

 

一緒に作品作りに携わったスタッフや
事務所の方々。

 

 

私が知らない大勢の方々が
関わり、一丸となって作品を世に送りだす。

 

 

あるいは、
撮影の現場の舞台となった
その土地の人たちなのかもしれません。

 

 

猫がいるということは、
人もいるということ。

 

 

公開された写真や動画は、
あたかも偶然にその場で起こった出来事
のようですが、
実は用意周到に準備されたシナリオの中に、
主人公である猫たちは演じずにはいられない
(猫にとってはいつも通りの行動ですが)、
そんな思いを感じるのです。

 

 

全力でアクセルを踏込んで、
独自のやり方で、
作品を生みだして広めていく。

 

 

でもそれは、
自分の自己満足で終わせるのではなく、
社会に、多くの人に喜んで貰える。

 

 

多くの人とユニークな世界観を追求し、
シェアしながら、
いっしょに人と猫との共存共栄を
考えていく。

 

 

同時に「何をどうすることが、
ビジネスとして成功するのか。」
鋭い感と、臭覚を持って、
取り組んでいくという、
したたかさも兼ね備えた方なのだ
だと感じました。

 

 

あなたには、
下記の固有の才能(必殺技)は、
ありますか。

  

26-44 ビジネス

マイダンジョンカード:ビジネス

37-40 裏切者は許さん 

マイダンジョンカード:裏切者は許さん


ヒューマンデザインジャパンの
公式サイトにある
ゲートナンバー検索ページ へ 
アクセスして、
確認してみましょう。 

 


マイダンジョンカード

 

まとめマイダンジョンカードで読み解いていくと、茶の間のテレビからではうかがえ知れない新たな才能が見えてくる。

 

お問い合わせ
お問合せはこちらから
ご質問いただければブログで積極的に取り上げます!
お問い合わせはこちら

 

併せて読みたいおすすめの記事

・トークライブで庶民的な感覚
⇒マイダンジョンカードで新感覚のエンターテインメントを楽しむ

・重要な役割と遭遇するとは?
⇒マイダンジョンカードで平成と令和の年号を読み説く

・気付きが大切なのです
⇒ヒューマンデザインという宝の地図の歩き方