いちやの健康と人間関係でこころが定年退職する前に

あなたは定年後の人生の青写真は持っていますか。人生は後半戦が勝負だ!

ジョブズ氏が元恋人の娘に残した言葉は直感に従った最高の愛情表現

 ノスタルジックな薔薇

 

こんにちは。
いちや です。

 


今日は、『ジョブズ氏が、元恋人の娘(リサ)に
残した最期の言葉「お前はトイレの匂いがする」
は、直感に従った最高の愛情表現』
についてお話しします。

  

 

スティーブ・ジョブズ氏にまつわる
暴露本
が出版されるというので、
つい気になって記事を読んでしまいました。


 

 

スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ

 

スティーブ・ジョブズ氏といえば、
ジョブズ氏による、
スタンフォード大学卒業式の祝辞。
あまりにも有名なお話です。
2005年6月12日のことです。 



この数年後には、iPhoneを世に送り出した。
日本に上陸したとき、
私は、ガラケイで十分と思っていた。

 

 

そんな私でさえ、
2011年10月、iPhone 4Sを
予約していたのです。
電話、音楽、メール、インターネットが
こんな小さなデバイスで使えることを
知ったからです。

 

 

貪欲であれ、バカであれ

 

スティーブ・ジョブズ氏。
憧れますよね。

 


ところで、
スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチで、
最後に何度か、

 

Stay hungry, stay foolish
(貪欲であれ、バカであれ)

 

そう、いっています。

 

「貪欲であれ、バカであれ」は、
もちろん直訳です。

 

 

ジョブズ氏が若い頃、感銘を受けた
本の裏表紙に書かれていた言葉。

 

 

はなむけの言葉を贈り、最後の最後に
締めくくる言葉としてピッタリだった
と判断したのでしょう。

 

スティーブ・ジョブズ氏は、
3つの話をされているんです。

 

 1つ目は、点と点を繋げること
 2つ目は、愛と喪失
 3つ目は、死について

 


3つの話に共通していることは、
ことの始まりは、いつも低空飛行で、
決していい状況ではなかったけど、

 


・無駄に他人の人生を生きない。
・自分の直感に従う勇気を持つ。

 


上記を実践したことで、
ベストな状況へ変えていくことができ、
苦難を乗り越えてきたと。

 

 

とても聞いていて(読んでいて)
心地よいし、スマートで、
誰もが疑うことなく、
納得するし、私もそうありたいし、
実践したいと。

 

現実は馬車馬のごとく

 


でも、実際に成功している人、
良い業績を残している人、
いわゆる出世する人は、
私がよく耳にするのは、

 

 

直訳の通り、馬車馬のごとく
取り組む人たちではないか
ということ。

 


決してスマートじゃないし、
どちらかというと、
「泥臭さ」すら、
感じてしまうのです。

 


睡眠時間も惜しんで、
仕事のことを考える。
趣味のこと、
やりたいことに没頭する。

 

 

食事を忘れて取り組む。
もう周りとのコミニュケーションは
必要最小限です。

 


仕事の進捗やミスにイライラして、
つい部下に、
つらく当たってしまう人は
どこの職場でもあることですよね。

 

前途洋々の若者向けの言葉なのか

 

・無駄に他人の人生を生きない。
・自分の直感に従う勇気を持つ。

 


会社勤めで役員でもなく、
平の社員であれば、もうその時点で、
他人の人生を生きていますよね。
最終的に責任を持つことはないから。

 

 

でも、会社という組織では、
そのような役割の人も必要である
ことは間違いありません。

 


ジョブズ氏は、大学生の卒業式
というイベントの中で話された
言葉です。

 

 

丸く収まるなよ、
起業家精神を持て、

 

 

と、ハッパをかけている。
というか、そう考えると、
何となく分かります。

 

 

ジョブズ氏が、「俺の後に続け!」
と、
いっているんです。

 

 

俺ができたのだから君達にも
出来るはずだ! 
と。

※あくまでも私の個人的な解釈です。

 

若者だけではなく中年以降の年代でも

 

いや、若いっていいですよね。
私も学生時代にジョブズ氏の
この動画をみていたら、
少しは人生変わったかもしれません。

 


それでは、50歳過ぎた方々、
男性女性問わずです。

全く参考にならない言葉
なのでしょうか。

 

 

いえ、私はそうは思わないのです。

 


iPhoneやMACを持っている方は、
私を含め、知らず知らずのうちに、
無意識に、ジョブズ氏の考え方に
同調しているのではないかと。
(アンチな方は申し訳ありません。
聞き流してください。(笑) )

 


きっとあなたは、
“ジッと”はしていられない
性分なはずです。

 


何も、今の仕事の延長線上
じゃなくてもいい。

 

 

趣味を本格的に極めてみる、
新たなセカンドキャリアに挑戦する、
地域ボランティアに参画する
であったり。

 

 

あなたに、お聞きします。

 

 

今日が人生最後の日だとしたら、
何をしますか?

 


もちろん、
自分の直感に従って行動しますよね。
他人の言うことに耳など傾けない
はずです。
人生最後の日まで。

 

直感に従った最高の愛情表現

 

ところで、そんなジョブズ氏が、
元恋人の娘に残したと言われる
最期の言葉です。 

 

 

「お前はトイレの匂いがする」

 

 

ジョブズ氏の元恋人の娘
リサさんに対する

最高の愛情表現のような気が
しませんか。

 

 

バラの精油は、
甘く濃厚な独特な香りがします。
私も香りを嗅いだことがあります。
バラの精油は高価なんですよね。

 

 

バラのフェイシャルミストの
甘い香りが消えていき、
まるで泥地のようなにおい。

 

 

それはリサさんが幼いとき、
わずかとは言え、
時間を共に重ねた記憶と、

 

 

親しみを込めてジョブズ氏が
ジョークのつもりで、
つい口走ってしまったかもしれない。

 

 

リサ・ブレナン・ジョブズさんの
Small Fry 』邦訳されたら、
ぜひ、読んでみたいですね!

 

 

まとめ一流な人は何を言ってもポジティブな言葉に聞こえるけど、元恋人の娘に残した最期の言葉「お前はトイレの匂いがする」は直感に従った最高の愛情表現だと思う。

 

 

お問い合わせ
お問合せはこちらから
ご質問いただければブログで積極的に取り上げます!
⇐お問い合わせはこちら

 

併せて読みたいおすすめの記事

・賞味期限切れあなたは許せますか
⇒賞味期限切れが許せないのは恐れと不安の囚われからの自動思考

・男女が離島(南の島)で求めるものとは
⇒再び離島ブーム再来か南の島 宮古島が今熱いまなざし

・同一労働、同一賃金の本当の意味とは
⇒働き方改革 あなたは価値あるものを生み出していますか