いちやの健康と人間関係でこころが定年退職する前に

あなたは定年後の人生の青写真は持っていますか。人生は後半戦が勝負だ!

大人の食物アレルギー ~よかれと思って食べていたもの

大人の食物アレルギー ~よかれと思って食べていたもの

 

 

こんにちは。

いちや です。

 

 

今回は食物アレルギーのお話しです。

 

 

なぜ今、食物アレルギーなのかというと、
異なる立場の方々から、
「砂糖は控えた方がいいよ。
とるのやめると体調がよくなるから」
と、諭されてしまったからなのです。

 

 

一人じゃなくて、ほぼ同じタイミングで、
3人の方々からです。

 


これは、何かあるでしょう(笑)

 

 

食物アレルギーとは、
食べた食物が原因でアレルギー症状をおこす
というものです。

 

 

卵、牛乳、大豆などはよく知られていますよね。

 

子供に多いそうですが、
大人でも全人口の1~2%(乳児に限定すると約10%)が
何らかの食物アレルギーをもっているそうです。

 

 

私の場合ですが、幼児の頃は“卵アレルギー”がある
といわれていました。
(ちなみに父親は甲殻類アレルギーでした)

 

 

今では、
私も父親もアレルギー症状は治まっています。

 

 

さて、話を砂糖にもどします。

 

多くの食べ物には砂糖が使われていますよね。
今、私の食生活からゼロにするのは難しいでしょう。

 

 

それでも、意識して控えるようにするだけで、
違うのだというのです。

 

 

私は、砂糖の入った清涼飲料が大好きですし、
コーヒーに砂糖を入れるし・・・
一日中、かなりの砂糖を摂取していることは認めます。

 

 

私は、「疲れたら甘いものをとる」
という習慣が身についているので、
今一つピンときませんでした。

 

 

もちろん、必ずしも、
甘いもの = 砂糖入り ではありません。

 

 

そんな中、何気なくインターネットで
「食物アレルギー」というキーワードが
目に留まりました。

 

 

何故か分らないのですが、「砂糖を控えた方がいい」
というここと関連付いてしまったのです。

 

 

「これも何かの縁なのかな」と。

 

 

大まかに、
食物アレルギーには2種類あるそうです。

多くは食べて数分~1時間程で、
じんま疹や腹痛などの症状がでる「即時型」。

 

もう一つは数時間以上も経過してから
症状がでる「遅発型」です。

 

 

この“遅発型”というのがくせものだそうで、
発症に数時間から数日間もかかるため、
原因の特定(アレルギーであるかどうか)が
難しいそうです。

 

 

その症状の多くは、
肌荒れ、にきび、アトピーなどの皮膚症状、
慢性的な全身疲労、イライラ、頭痛、痩せにくさ、
食欲過多、偏食、注意散漫などなど。

 

何となーく心当たりがあるのです。

 

もしかして、食物アレルギーであることに気付かず、
私自身の健康と心の平安を奪われているのかもしない。

 

 

早速、近所の病院へ食物アレルギー検査を受けに
行ってきました。

 

 

そして検査結果は意外な内容だったのです。

 

検査結果のレポートをみると、
即時型は、どの食物もレベル0~1で「問題なし」
でしたが、遅延型がいくつかの食物でレベル3~4。


ちなみにレベルは0~6段階になっています。

・卵白(中程度)
・さとうきび(非常に低い )
・さやいんげん(中程度)
・マッシュルーム(中程度)
・バニラ(中程度)
・製パン用イースト(高い)
・醸造用イースト(中程度)

 

やはり、卵には反応していましたね。

これは予想通りです。

 

多くの野菜と、大豆、ヨーグルト、牛乳、米などには、
食物アレルギーがなかっただけでも一安心です。

 

 

医者から、

「まず、毎日食べているパンと卵を止めてみてください。
パンと卵は、1週間に1回程度に抑えてくださいね。
これだけでもずいぶん身体の体調が改善されますよ。」


とのアドバイスを受けました。

 

 

意外だったのが「製パン用イースト」です。
量産されている菓子パンや調理パンに
使われているからです。

 

 

私は、昔から朝はパン派なので正直ショックでした。

 


これからは、ごはん派です!
朝は、できる限りおにぎりを食べています。


とはいうものの、朝食以外は週1~2回、
しっかりとパンですが。

今では、おにぎり がマイブームです。

 

 

ところで、

さとうきびや醸造用イーストは、
醤油、味噌、調味料全般に
含まれているようですね。

 

 

これらを食卓からなくすことはできませんので、
ほどほどですね。

 


砂糖(さとうきび)は、
食物アレルギーとしての数値は、
非常に低かったのですが、
意識的に控えるようにしています。

 

今ではコーヒーにも砂糖を入れないで
飲むようになりました。

 

 

さて、肝心の効果ですが、
肌荒れ、にきび、アトピーなどの皮膚症状は、
以前と比べると改善された(発症は抑えられた)
ような気がします。

 

 

慢性的な全身疲労、イライラ、頭痛、注意散漫など
についてはどうでしょうかね。

 

 

大人の食物アレルギー が気になる方は、
ぜひ一度、病院へ行って、
調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

今まで気づかなかった埋もれたアレルギーの
意外な発見があるかもしれませんよ。

 

 

お問合せはこちらから
お問合せはこちらから
質問いただければ
ブログで積極的に取り上げます!